スポンサーリンク

「ババアがわざわざ銭湯に来るのはね!」その理由は…高齢者社会の問題が浮き彫りになった。

トピックス

高齢者が増え、在宅医療の場や高齢者施設などが増えてきており、日本の高齢化社会はどんどん進んでいます。独居老人が増えてきているのも見過ごせない問題となっています。

そんな中、あるツイートが話題となっています。

スポンサーリンク

まじめに考えなくてはいけない課題

このツイートに対し5万件ものいいねが付きました。本当に身近な問題だと考えてもいいでしょうね。

これに対し、このようなコメントがありました。

そうなんです。お風呂掃除って成人の人でも大変な労働なんですのね。それを高齢者ができるかという問題ですよね。

お風呂で亡くなられる高齢者の方は多いですね。気温の変化で血圧が急上昇することが多く、また血流が急によくなることで心臓に負担がかかったり、血栓が飛んだりしますしね。

それだけではなく、滑って頭部を打ったり骨折したりと怪我も多いです。

高齢者の入浴、一人で入るにはとても注意が必要なんです。

本当に自分だったらどうしますか?先頭に行くにしても、寒い日や雨の日は行くのも億劫になりますよね。

銭湯が近い場合はまだいいのかもしれませんが、ちょっと遠くにある場合は歩いていけない人もいるかもしれません。

お風呂は一人の空間ですもんね。誰かと一緒に入るならいいのですが。

銭湯が高齢者を元気にしてくれるのかもしれませんね。話し相手がいたり、運動にもなったり。また、姿が見えないと様子を見に行ったりといいことたくさんありますね。

自治体に相談してみる

各自治体によって違うかと思いますが、介護保険や補助金でバリアフリーにできたり、お風呂にてぅりを付けたり、滑り止めマットが使えたりするので、高齢者のご家族の方が自治体に相談されてみることが良いと思います。

ですが、結構知られていないことが多いのではないでしょうか。意外と、自治体のサービスや補助金が出たりすることって、自治体の方から発信していないことが多いような気がします。

問題点は…

資産がある方は銭湯に通ったり、バリアフリーにしたり、ヘルパーさんや在宅看護を利用したりできると思うのですが、独居老人が増えてきていて経済的に厳しい方も多いのではないでしょうか。

オムツを買うお金がなくて、3日間天日干しして再利用したりという話も実際にあるようです。

終わりに

現状を考えると、問題がたくさんあるように思います。

・高齢者が増えている。老々介護が増えている。

・独居老人が増えている。

・高齢者の経済難

・自治体からの情報が届かない

・銭湯が少なくなってきている。

など、今考えただけでもこれだけのことがあげられます。

お風呂の掃除がたいへんな高齢者の言葉を代弁したつぶやき。とても考えさせられました。

もっと真剣に早急に取り組まなければいけない課題だと思います。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました