スポンサーリンク

MTCオイル、亜麻仁油、えごま油、どれを取ればいいの?違い・効果効能

トピックス

今話題のMCTオイル。一体どんなオイルなの?女優さんやモデルさん、ダイエットしている方が摂ってるけど本当に痩せられるの?と思っている方もいらっしゃると思います。また、人によっては亜麻仁油やえごま油がオススメと言う方もいらっしゃいます。

情報がいろいろあっていざ摂取しようと思ったときに迷ってしましますよね。

今回はこのオイル3種、MCTオイル、亜麻仁油、えごま油の効果効能を調べてみました。

スポンサーリンク

MCTオイル

MCTオイルとは

MCTオイルの主成分である中鎖脂肪酸は、ココナッツなどに含まれる天然成分です。

中鎖脂肪酸100%の油のことをMCT(鎖脂肪酸=MCT:Medium Chein Trigyceride)といいます。

一般的に使われているサラダ油、オリーブオイル、ラードなどは長鎖脂肪酸(LCT=Long Chain Trigyceride)と呼ばれ、名前の通り脂肪酸の長さが長いという特徴があります。MCTオイルはLCTオイルに比べると約半分の長さになります。

※脂肪酸とは・・・炭素(c)が鎖状に結合しており、その長さや二重結合の数、位置によって種類が異なります。この炭素の鎖の長さによって、長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、小鎖脂肪酸に分類されます。ちなみに、小鎖脂肪酸は牛乳や乳製品です。

特徴

鎖の長さが一般的な油(長鎖脂肪酸)より短いMCTオイルは、一般的な油よりもすばやく消化・吸収されすぐにエネルギーになりやすいという特長があります。


それならココナッツオイルでいいのでは?と思う方もいらっしゃると思います。

確かにココナッツオイルもブームとなりましたし、現在も摂取している方は多いと思います。

ただ、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は60%なのに対し、MCTオイルは中鎖脂肪酸100%ですので、ココナッツオイルより早くエネルギーになるということになります。

また、ココナッツオイルは冷えると固形になりますが、MCTオイルは冬でも液体のまま。さらに、酸化や劣化しにくいという特徴があります。

酸化や劣化しにくいということは冷蔵保存していなくても大丈夫ということですから、持ち運びにも便利そうですね。

カラダの仕組みと脂肪酸の消化吸収

中鎖脂肪酸(MCT)

中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸に比べて鎖の長さが短いため、水に溶けやすい性質があります。摂取すると水に溶けやすい糖などと同じく小腸から肝臓につながる門脈を通り肝臓にいき分解されます。

長鎖脂肪酸(LCT)

小腸から消化・吸収され、リンパ管や静脈を通って各組織(脂肪細胞、筋肉、肝臓など)に運ばれ、必要に応じで分解・貯蔵されます。

効果効能

ケトン体を効果的に作り出す(脂肪燃焼しやすい)

中鎖脂肪酸は、脳や体のエネルギーとなるケトン体を効果的に作り出します。ケトン体質になると、脂肪を代謝しやすくなるためダイエットしている方やこれからダイエットしようと思っている方には摂取するといいかもしれませんね。

※MCTオイルを摂取していれば減量できすというわけではありませんので誤解なさらずに。

ダイエット中の満腹感や体調不良を防ぐ

糖質制限をしている方は脳が糖質を欲しがりますので、糖のエネルギーではなくMCTオイルからエネルギーを取り、満腹感を得ることができたり、間食をしないようにできたり、ボーっとして思考回路がストップしてしまうようなことにならないようにMCTオイルを摂取するということです。

食事制限や糖質制限時の過度な空腹やエネルギー不足による体調不良なども避けられますしね。

脳の疲労回復やストレス解消に

脳にMCTオイルからのエネルギーが届くことで、脳の疲労回復にも効果的だと言われています。甘いものを取って脳に栄養を与えるよりはいいですよね。

脳がエネルギー不足にならないことでストレス解消にも効果的だと言われているようです。

血糖値が安定

また、MCTオイルを摂取し糖質を抑えられることで血糖値が安定するとも言われています。

乳酸の蓄積を減少させる

MCTオイルは体の疲労物質である乳酸の築盛を減らすのに役立つことがわかっています。筋トレなど行った際はMCTオイルを摂取するといいかもしれませんね。

また、運動前にMCTオイルを摂取することで糖質の代わりに脂肪を利用しやすくすると言われており、自給的な運動を行う際に利用できるエネルギー量を増やす働きも期待できそうです。

認知症にも有効?

MCTオイルはケトン体を効果的に作り出すことがわかっていますが、これはつまりぶどう糖をエネルギー源としてうまく利用できなくなった認知症の方の脳の代替エネルギーとして活躍します。脳細胞を長く生かすことに繫がると言われていうようです。

軽度から中度の認知症の症状がMCTオイルで改善したという報告もあり、今後治療への期待も大きくなります。

てんかんの症状にも

糖の代わりに脳のエネルギーとして利用することで、てんかん発作の頻度を減らす可能性があることがわかっています。

自閉症にも

MCTオイルとケトン食は自閉症に効果があるとする研究もあり、より詳細な研究が期待されているそうです。

摂取方法

1日に摂取する量もいろんな意見があるようです。

1日に小さじ1~大さじ1を3回か4回に分けて摂取するという方や、1日に大さじ1~5を3回か4回に分けて摂取するという方、さまざまで迷ってしまします。

ただ、確実にいえることは普通の食事と一緒に採った場合、普段よりカロリー摂取は増えると思ってください。ですので、完璧ではなくても糖質を抑える食事に切り替え、MCTオイルで補うという形が良いかと思います。

注意点としては、最初から大量のオイルを取ると下痢や何べんになることがありますので、少量から始め徐々に量を増やしていくといいですね。

方法としては、コーヒーやスムージーに入れたり、ドレッシングとして使ったり、お味噌汁やスープ、お料理にかけて食べます。

無味無臭なのでそのまま飲んでも大丈夫です。

注意点

熱に弱いので加熱はしないでください。

MCTオイル摂取量の目安

1回あたり=小さじ1~大さじ1 

1日あたり(g)=体重(kg)÷2

まとめ

MCTオイルが中鎖脂肪酸でエネルギーとして使われやすいということ、ケトン体質になるということ、糖質の代わりにエネルギー源になるということ、ダイエットだけではなく様々な効能かあるということがわかりました。

オイルの選び方の参考になればうれしいです。

亜麻仁油とえごま油についてはこちらの記事を参考になさってください。⇩

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました