スポンサーリンク

「半沢直樹」の妻役・上戸彩、ギャラは1話につき400万円?!

トピックス

テレビ離れが進んでいる現代で、「半沢直樹」続編は5話連続で22%超えと好調ですが、なんと上戸彩のギャラが破格だということで調べてみました。

スポンサーリンク

上戸彩

半沢直樹の「上戸彩」が良い感じに浮いている訳 | テレビ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

本名:五十嵐 彩 (旧姓:上戸)

生年月日:1985年9月14日(34歳)

血液型:O型

出身地:東京都練馬区

職業:女優、歌手

配偶者:HIRO

事務所:オスカープロモーション

1997年、小学6年の時にオスカープロモーション主催「第7回国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、1999年4人組女性グループZ-1の一員として歌手デビュー。

このZ-1の時代にHIROにダンスの指導をしてもらったのがきっかけで2人は出会っているようですね。

以外にも、グループでデビューしていたんですね。

上戸彩の「半沢直樹」出演のギャラ

「半沢直樹」には欠かせないのが、半沢直樹の奥さま役“花”を演じる上戸彩の存在だと言います。

前回の「半沢直樹」の最終話でなんと40%を超えたということで、製作側は低視聴率にするわけにはいかない。そのためには上戸彩の出演が必須だったようです。

結婚して子育てに忙しいとはいえ、好感度は変わらず、CMにも引っ張りだこの上戸彩さんにはどうしても出演して数字を取りたかったようです。

そのため、上戸彩さんが所属するオスカープロモーションに好待遇を打診したようです。

具体的には、

子育て中であることを考慮して、撮影はTBSの緑山スタジオで週1回だけ。拘束時間は5時間ほどで、実働3~4時間という条件なのに、ギャラは1話につき400万円前後だそうです。

かつて彼女と同じオスカーに所属していた先輩の米倉涼子でさえ、ドラマでフル稼働して1話あたり450万円ほどですから、破格の待遇といっていいでしょう。

時給に換算すると一体いくらになるのでしょう。

ドラマが3か月あるとして、12話。ということは、1クール当たり4800万!!!

しかも、週1回実働3~4時間。。。

なんと効率のいい働き方でしょう。

視聴者のコメント

制作者側の意見とは反対に、半沢直樹の奥さま役に“上戸彩”はミスキャストという声が多く見られました。

・上戸彩は不要。

・演技が下手すぎて見ていられない。

・別の人が良かった。

という意見が多かったです。

上戸彩が出演していなくても高視聴率は取れたのではないかという意見もありました。

「上戸彩 半沢直樹 画像」の画像検索結果

まとめ

半沢直樹の奥さま役に上戸彩はミスキャストという意見が多かったわけですが、それでも1話につき400万のギャラが支払われるのですから、やはり必要とされているんでしょうね。

他の女優さんのギャラはわかりませんが、女優ってすごいお仕事ですね。

女優になりたいという方がまた増えそうですね。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました