スポンサーリンク

肉や魚を買ったときポリ袋に入れる?エコバッグで食中毒??レジ袋有料化

トピックス

7月1日から有料になったレジ袋。皆さんはエコバッグを持ち歩くのには慣れましたか。

今日はそんなエコバッグはどんなものがいいのか、またバッグに入れる時の注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

肉や魚をポリ袋に入れずにエコバッグに入れる人

食中毒になる可能性大です!!

だそうですよ。

肉や魚を、パックのまま放り込むと食材の表面や汁に食中毒を起こす菌がいるかもしれません。ほかの食材を汚染しないように、肉や魚など汁が出やすいものや、泥のついた野菜は、売り場備え付けのポリ袋に入れてから詰めましょう。

とのことです。

えっ?それって普通じゃないの??

と思ったのですが、なんと東京都の調査では、食品購入時に、肉や魚などをポリ袋に詰める人は3割しかいなかったそうです。

意外でした。

肉や魚のパックからドリップ(水分)が漏れてきたら嫌じゃないですか?

嫌とかそういう問題ではなく、

どうやら食中毒になる可能性が高くなるようです。原性大腸菌(O(オー)157など)やカンピロバクターなど食中毒を起こす主な細菌は30~35度になると増えやすくなります。食材の持ち運びは短時間にして、車のトランクには入れないでくださいね。

この時期は特に保冷機能のあるエコバッグがいいかもしれませんね。

機能重視?

保冷機能があるエコバッグは、この時期アイスなど買うときも安心だし、生ものがいたみにくいので持っていたいですよね。冷凍食品を買うときなどは欠かせないですよね。

ただ、保冷機能があるエコバッグは厚みがあるんですよね。

厚みがあると、エコバッグを普段持ちのバッグの他に持っていなきゃいけないという問題点がありますね。

問題は持ち運び

保冷機能があるエコバッグは、菌の繁殖を防ぐのにはとてもいいと思いますし、保冷の為の氷を入れても水分が漏れないのでいいんですよね。

ただ、ショッピングモールなどで買い物ついでに食品を買うときは、コンパクトにまとめてバッグに入れておけない保冷機能のあるエコバッグは荷物になってちょっと…と思ってしまいます。

出来れば、普段のバッグに入るようにコンパクトにまとめられて、週に1回は洗いたいと思いますね。

しかも、汚れたときの場合も考えて、いくつか持っていたいですね。

汚れは菌の繁殖に繋がりますし、選択して半乾きだとまた菌が繁殖してしまうので、乾きやすいものを選んだり、選択しやすいものがいいと思います。

まとめ

7月1日からレジ袋が有料になってはや一か月。エコバッグを持ち歩くのも普通になってきましたね。

ただ、本屋さんでつい本を買ってしまったとき、本屋さんでも有料になったのは驚きました。いつも紙袋に入れてくれていたのに???

環境の為にはやはりレジ袋は使わないほうがいいですね。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました