スポンサーリンク

気になるお中元を贈る時期、地方で違うって本当?お中元の由来

トピックス

毎年何を贈ろうか頭を悩ます「お中元」。地域によって贈る時期が違うという話を聞きました。本当に贈る時期が違うのか、また違うのであれば、いつ贈るべきなのか、調べてみました。

スポンサーリンク

お中元を贈る時期はいつ?各地方での違い

実は、お中元を贈る時期は地方によって違うんです。

では、各地いつがお中元を贈るのに最適な時期なのか見ていきましょう。

北海道・・・7月中旬から8月15日まで

北海道では、旧盆の時期に当たる7月15日~8月15日にお中元を贈ることが一般的だそうです。

東北・関東・・・7月初旬から7月15日まで。

東北と関東は、7月1日~15日の間に届くようにしましょう。約2週間という期間ですね。北海道と違って短すぎますね。

気を付けてほしいことは、この時期を過ぎると「残暑見舞い」扱いになるそうです。最近では、6月下旬から贈り始める方も増えているようですね。

マナーとしては、直接届けるのがよいとされていますが、地方への発送などもあるので、ほとんどが配送になりました。そのため、この2週間は配送業者もいっぱいで配送が遅れるという事態も増えてきたことから、早めに手配するようになってきているようです。

        

北陸・・・地区によっては7月のところと8月のところがある。

北陸の場合、関東と同じく7月初旬~7月15日にお中元を贈る地区と、北海道と同じく7月15日~8月15日に贈る地区があるそうです。

東海・関西・中国・四国・・・7月中旬から8月15日まで。

ただ、お中元の時期が最も早い関東の影響を強く受け、年々早くなっています。 お中元として贈ることができる時期は8月15日までのため、8月16日から9月上旬までは残暑見舞い扱いとなります。

九州・・・8月1日から8月15日まで。

九州でも年々お中元の時期は早まっており、7月中に贈る方も増えているようです。

沖縄・・・旧暦の7月15日まで。

そのため年によって、お中元の時期が異なりますね。沖縄の方にお中元を贈る場合は、その年の旧暦7月15日を確認し、その日までに届くようにしましょう。

2020年の旧暦の7月15日は9月2日です。

ちなみに2021年も9月2日です。

お中元を贈る風習はいつから?

お中元の由来は中国の暦にあるようです。

中国では、古代から旧暦で上元 (1月15日) 、中元 (7月15日) 、下元 (10月15日) の3つにわける歴法があり、道教の教えから中元の日に神様にお供え物をした人は罪を赦されると信じられていました。仏教の影響から盂蘭盆 (うらぼん) の行事と結びついてご先祖様を供養する日になったと言われているそうです。

これが日本に渡り、日本にも1年を1月と7月で2つに分けて祖霊を祀るという考え方があったことから、お中元・お歳暮が年中行事として定着していったと言われているようですね。

現代のようなものを贈りあうスタイルとなったのは、祖霊など神へのお供え物を人々で共に食べる「共食 (きょうしょく) 」をするために配ったり、贈ったりしたことが始まりと考えられています。

お中元が本格的に贈られるようになったのは、明治以降と言われています。

お中元を選ぶのは本当に難しいというか、いろいろと気を使うので大変ですよね。

人気のお中元の品ランキング

1位 ゼリーや水ようかんなどの夏らしいお菓子

2位 ハムやソーセージ、お肉など

3位 ビール

4位 ジュース

5位 フルーツ

6位 そうめんなど

まとめ

毎年7月に入るとデパートなどでは「お中元コーナー」ができるほどお中元時期は賑わっていますね。お中元やお歳暮は今では当たり前になっている風習が中国から来ていたとは知りませんでした。そして、この狭い日本でお中元を贈る時期が地方によって違っていたとは…。何を贈れば喜んでいただけるか、ここにお住まいの方にはいつまでに贈らなきゃいけないとかいろいろありますが、「ものを贈る」いうのは日本人独特だそうです。何でもないときに手土産をもって遊びに行ったりすることは、外国の方からすると「素晴らしい心遣い」と思われるようです。

いろんな文化がありますね。人とのつながりが希薄になっているからこそ、大切にしていきたいですね。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました