スポンサーリンク

思わずお取り寄せしたくなっちゃうソーセージ職人の名前がこちら  秋田県では有名な社長だった

トピックス

ポーランドから秋田県に移住してソーセージを作っている方の名前が良すぎるから食べてみたくなる?

話題のツイートがこちら

スポンサーリンク

ポーランド人のソーセージ職人の思わず買いたくなる名前は?

タベルスキ・マイケルさん。

確かに良き名前w

ネット販売しているみたいなのでちょっと覗いてみると、ネーミングセンスがいい!

人気商品ベスト3

第3位

こちらはまあタベルスキさんが作ってると知っていたら、普通?w

第2位

「ま~いけるセット」

ちょっと気になりますねw

第1位

「しったげきけるセット」

しったげとは、秋田弁で「すごく」とか「とても」という意味らしいので、とてもいけるセットのようですw

買っちゃおうかな~www

タベルスキ・マイケルさんとはどんな人

タベルスキ・マイケルさんはポーランド人で来日17年になるようですね。

ポーランド西部のポズナニ出身で国立大学で物理学を専攻。テレビの取材で秋田県出身の女性と出会い、結婚。娘さんが生まれたことで平成15年に秋田県に移住したそうです。

いくつかの日本企業で働いて勉強し、平成25年からポーランドのサラミの輸入販売を始めましたとのことです。泣き大叔父がポーランドで食肉製造業に携わっていたこともあり、「自分で作った母国の本格ソーセージを日本で広めたい」と思うようになったそうです。

現在は「IMI」という会社を立ち上げ社長を務めている。

面白いのは、秋田なまりの日本語で接客してくれるそうです。聞いてみたいですよねw

地元では有名人らしいです。

タベルスキ・マイケル社長、販売上手なようでAmazonでも販売しているようです。

肝心なお味はというと、地元の方の話では美味しいらしいです。

お歳暮やお中元などの贈り物にいいですよね。

間違っても上司には「ま~いけるセット」は送らないでくださいねw

洒落がわかる上司ならいいですけどね。

ポーランドの本格的なソーセージ、食べてみたくなりました!!!

ちなみに…

タベルスキ・マイケル社長のほかにも素敵なお名前のシェフがいるみたいですよw

お蕎麦屋のジェームス・ユデスキーさんw

ゆで過ぎのお蕎麦は美味しくないですけどねwww

☆彡

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました