スポンサーリンク

「学生野球との関わりには興味あります」イチローの現在は教師になってる?引退後のイチローがこちら……

トピックス

男性からも一目置かれる元大リーガーのイチローさん。

改めて素晴らしい人だと感じた記事がありましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

体験して 感じて 解釈してほしい

初めての草野球で先発完封 チーム名は「KOBE CHIBEN」

相手が智弁和歌山の教職員チームということもあり、イチローさんは友人らと結成したチームに「KOBE CHIBEN」とつけて対戦。ここにもイチローさんのユーモアが溢れている。

転職するなら教師⁈ 監督としてのイチローも見てみたい

#10 転職する 【人生100年 イチロー人生すごろく】

いつかイチローが監督として甲子園に戻ってきてくれる日が来るかもしれませんね。

「何かを説明して理解してもらうためには、実際に動いて見せられるほうがいい」

これはイチローさんのやり方です。現役を引退してからもそのスタンスは変わらず、今のイチローさんはアメリカでインストラクターといて野球を教える立場にいます。しかし、イチローさんの方から何かを教えようと歩み寄ることはないそうです。

イチローさんは常に門を閉ざすことなく、選手たちを待っています。選手のときと全く変わらずストイックな生活をしながらトレーニングを積み身体を作っているそうです。

イチローさんはその理由をこう話していたそうです。

「選手たちに質問されたり、何かを説明したりして理解してもらうためには、実際に魅せられた方がより説得力が増す、と考えているからです」

イチローさんはこのオフ、スプリング・トレーニングに参加するためにアメリカへ発つ直前、現役時代と同じように神戸の球場で自分の為のトレーニングを行っていたそうです。そして、スプリング・トレーニングでは、バッティングピッチャーとして、テンポよく打ちやすいボールを投げ続けていたとのことです。

しかも、イチローさんは彼らが抱える課題を把握し、克服するための手助けをしているそうです。口でこうしろ、と言うのではなく、このボールをどう打つか考えるきっかけを与える、イチローさんならではの思いが込められた練習だったそうです。

考えるきっかけを与える

なかなか出来ることではありません。自分が実際やって見せてあげられるように、現役時代と変わらないトレーニングを続けているイチローさんは、指導者としてもやはり一流…いやそれ以上ではないでしょうか。

男性が憧れるだけあって、本当に魅力的で偉大な人です。

今の子どもたちに“考えるきっかけを与える”

そんな指導をしてほしいと期待してなりません。

いつか、日本の子どもたちに野球を教えて監督として再び甲子園でその姿を見てみたいと思ってしまします。

今後のイチローさんの活躍から目が離せませんね。

☆彡

最後まで読んでいただきありがとうございました。

引退後のイチローさんを一緒に応援していただきたいので是非シェアお願いします。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました