スポンサーリンク

南海トラフ地震

阪神大震災から25年がたち、南海トラフ地震の切迫性が高まっていると言われています。

そこで政府は内海トラフ周辺の地図を解析し、国民に警戒を促すための情報を公開し始めたそうです。

南海トラフ地震が起こる確率は今後30年間で70%~80%とし切迫性が高いとしています。

スポンサーリンク

南海トラフ地震とは

私たちが住む日本には、北米プレート、太平洋プレート、ユーラシアプレート、フィリピン海プレートと呼ばれる地球の表層部を覆っている巨大な1枚の岩盤のようなものが4つあり、それぞれのプレートが圧力をかけながら動き続けています。

4つあるプレートのうち、フィリピン海プレートがユーラシアプレートに押し曲げられつつ動いており、その境界線となるものを南海トラフと呼んでいます。

この南海トラフがフィリピン海から小笠原諸島東部にまで伸びていると言われており、南海トラフが押し曲げられながら動く中で、負荷に絶えられなくなると地震を起こすのが南海トラフ巨大地震なのです。

南海トラフでは、過去にも100~200年という周期でマグニチュード8クラスの巨大地震が発生しています。 南海トラフによる大地震が発生したと記録で残っているもので、ここ最近のものをあげてみました。

・1944年 昭和東南海地震 前回の地震との間隔 90年

1946年 昭和南海地震  前回の地震との間隔 2年

(出典:文部科学省研究開発局地震・防災研究課 地震本部公式サイト) (出典:NHK命を守る情報サイト「災害列島」)

南海トラフ地震が起こる確率は今後30年間で70%~80%どの地震も多くの被害と犠牲者をもたらし、M8.0以上のものとなっていました。 この周期から次に起こる大地震は、2070年前後ではないかと言われていましたが、文科省の地震調査委員会が調査した結果、それよりも早まると予測され冒頭で言ったように南海トラフ地震が起こる確率は今後30年間で70%~80%とし、最大でM9クラスの地震が発生するのではと予測されています。

大地震の大きさはマグニチュード8、もしくはマグニチュード9もあるのではと言われているあおうです。

地震による家屋の倒壊や、道路や橋、線路などの寸断、あらゆる場所の液状化などが想定され、さらに地震による津波の大きさは10mを超えると予測されるようです。

南海トラフ地震による被害を想定

もし南海トラフ巨大地震が発生すれば、その範囲は茨城から沖縄まで約2,000km以上の範囲で超巨大地震を起こすと言われています。死者は23万人を超え、国民の半分が被災者になると想定されるくらい深刻な状況に陥るとも言われているそうです。

また東日本大震災のときよ脳に燃料不足も考えられます。また、緊急車両が現場に思うように到着できなかったり、医師や救助や支援にも支障が出ることが予測されます。

被害にあった人々の食料は、約1週間で家庭や行政で備蓄している分が底をつくとも想定されているため被災者の生活が心配されます。

また、南海トラフ巨大地震が起こる時期や時間帯によっても被害の起き方に変化が起こると考えられます。

日中に起こるとなると火災の被害や停電による交通障害によって避難が遅れたり、被害者の数は相当であると考えられます。

就寝中の場合は逃げ遅れることも考えられます。冬の時期だと

冬の時期だと火災の被害はもっと大きくなることでしょう。

避難できたとしても、冬場は防寒具が必要となり、夏場は食料や水分の補給や保存が厳しい状態になると考えられます。

また、今は高齢者や独居老人が増え非難がとても困難になってくることが予想されます。

そして、政府の予想によると南海トラフ巨大地震による経済的損失は東日本大震災の約10倍を超えると想定され、被災から復興までに必要となる金額は最大で国家予算の2倍以上の220兆3,000億円にものぼると言われてるそうです。

もしも今、南海トラフ巨大地震が起こってしまうと、経済的にも日本は最悪な状態へ陥ることがわかります。

ですが、想定される死者数、建物の損壊の減少は、東日本大震災によって地震や津波に対する意識が向上したことが大きな一因となっていると思います。

また、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で犠牲となった方の原因の多くは、家屋や建物の下敷きとなったことを受け、日本国内では対策が講じられています。 各自治体では日本中の建物、特に学校などの公共施設に対して耐震診断や改修を行っていることも被害の減少につながる要因なると思います。

備えが必要

南海トラフ地震がいつ起こってもおかしくないということはこれまでの話でお判りいただけたと思うので、各家庭や個人が南海トラフ地震が起きたときにどうすべきか準備や備えが必要です。

管理人まるも東日本大震災を経験しているので持っていてよかったと思うものを書き出してみたいと思います。

保存食、水、乾電池、カセットコンロ、懐中電灯、ろうそく、携帯の野外で使用できるような充電器、簡易トイレ、おむつ、ミルク、生理用品、ウエットティッシュ、ごみ袋、防寒具(アルミホイルのような羽織ることができるもの)、寝袋、靴下、タオル、新聞紙など

これを大人二人が持てるよう大きめのリュックに用意していました。それでも足りなかったくらいです。

物資の用意以上に大切なのは、一人一人の意識ではないかと思います。毎日“いつ南海トラフ地震がおきてもいいように”と生活するのはストレスがたまるしそんな生活はまずできませんが、起こるかもしれないと思うことで日頃から家族と連絡取れるようにしていたり、今できることを考えもし南海トラフ地震が起きたとしても少しは冷静に対処できるかもしれません。

そして、自分自身や家族の命を守るためにできることを話し合い、シュミレーションする習慣をつけておくことや時々話し合うことができたらよいのではないかと考えます。

 避難場所を確認し、家族や職場、学校などで話し合うこともスムーズに避難でき被害者を少なくすることに繫がるので、軽視せず時間を作って実施していくことが重要になってくると思います。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました