スポンサーリンク

バレンタインのチョコレート 本命の彼へのチョコレートの相場は?

バレンタイン

今年もやってきました。女性にとっても男性にとっても一大イベントのバレンタイン!

街中赤やピンクの飾りでいっぱい。年々チョコレートの種類も増えてきているように思います。

そもそも、2月14日をバレンタインデーと決め、女性から思いを寄せる男性へチョコを贈るという風潮はいつから始まったのでしょうか。

そして、なぜこの2月14日を【St.ValentineDay】というのでしょうか。

片思いの彼、お付き合いをしている彼、職場の男性、義理チョコ、友チョコなどたくさん選ばなくてはいけない女性の為に、

それぞれいくらくらいのチョコを贈るのがベストなのか、またプレゼントはつけた方がいいのか…などと一緒に検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

バレンタインの歴史と由来

Valentine(バレンタイン)というのは人の名前です。

3世紀ごろローマでは皇帝によって若者の結婚が禁じられていました。結婚すると若者が戦争に行こうとしなくなったためです。それをかわいそうに思ったバレンタインは兵士たちを内緒で結婚させていました。それが皇帝に知られてしましかったのです。しかも、当時ローマではキリスト教が迫害されていました。

皇帝はバレンタインに罪を認めさせ、ローマの宗教に改めさせようとしましたが、バレンタインはそれを拒否しました。そのため、バレンタインは処刑されてしましました。

その処刑された日が2月14日だったのです。

バレンタインは後に勢力を増したキリスト教により聖人とされ【聖バレンタイン(St.Valentine)】となったのです。そのため、2月14日はキリスト教に聖人を奉る行事となり聖人バレンタインを恋愛の守護聖人としました。

その後、キリスト教ではカードや花束などをお互いに贈りあうようになりました。

バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は日本だけなのかなと思っていた人も多いと思いますが、実はイギリスから広まったものなんです。日本では、1932年にあの有名な神戸モロゾフ洋菓子店がバレンタインデーにチョコレートを贈るというスタイルを初めて日本で紹介したのが始まりとされています。諸説ありますけどね。

ですが、企業が商業目的に広めたものであることは確かですよね。

そして、1970年代になると今のように女性から男性に気持ちを使えりという意味でチョコレートを贈るという風習になったようです。

そもそも、2月14日は恋愛の日ということでお互いにカードや花束を贈りあうようになったので、欧米諸国では男性から女性にプレゼントを贈ることが一般的みたいですね。

チョコレートのお値段は?

では、気になるのがお値段…ですよね。本命チョコ、彼氏、義理チョコ別に大体いくらくらいのチョコを渡すのがいいのか考えていきましょう。

🔶本命チョコ🔶

大体2,000~3,000円台が目安(義理チョコや友チョコのことを考えるとこのくらいの値段がベスト)メッセージカードなどを添えるといいですね。他にもライバルがいそうな場合はインパクトがあるものがいいですよね。

と言いつつも、管理人まるはチロルチョコを大量に購入し、可愛く可愛くラッピングして渡したことがあります。(笑)ちなみに、その時の彼とはうまくいきましたよ!

🔶付き合っている彼氏に渡すチョコ🔶

プレゼントを贈る場合が多いと考えられるので、プレゼントの他にチョコを渡す場合は1,000円台のもので十分ではないかなと思います。チョコレートだけで攻める場合は高級はブランドチョコも今はたくさん出ているのでいいかもしれませんね。5,000円を超えるチョコもアリかなと思います。バレンタインデーは一緒に過ごす人も多いのではないでしょうか。そう考えると手作りでチョコやケーキを作るのもいいのではないでしょうか。

🔶義理チョコ🔶

義理チョコと言っても渡す相手の年齢や関係性を考えるとこれはまた難しいんですよね~。お世話になっている職場の上司に贈る場合もありますし、同僚に贈る場合もおると思います。500~1,500円ぐらいだと思いますが、お世話人っている度合いによっても金額は本命チョコ並みに高くなってくるのではないでしょうか。

個人的にはバレンタインチョコの相場はこのような感じではないかと思うのですが、男性はきっと女性からチョコを貰えるだけでも喜んでくれると思います。本命のチョコも彼へのチョコも義理チョコも大事なのは気持ちなのですから。

でも、“恋愛の日”ということなら男性からでも女性からでも贈り物してもいいと思うんです。そして、勇気を振り絞って今まで使えられなかった人もバレンタインというイベントのおかげで思いを伝えることができる素晴らしい日なので、素敵な1日になってほしいと願います。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました